親に借金をお願いされた時に考えるべきこと

親からのお金の無心に困っているという子供は少なくありません。中には「誰に育ててもらったのか」と脅しに近い言葉を投げかけられることもあるでしょう。しかし、親がお金に困っている生活をしているのは親の責任です。

子供がその責任を担う必要はありません。とは言え、血のつながった親だからこそ、つい借金の打診を飲んでしまうという子供も少なくないのです。

どうしてお金が必要なのかを確認することが大切

親から借金のお願いをされた場合、まずは何に必要なのかを確認してください。表向きは「生活費に困っている」なんて言われるかもしれませんが、実はギャンブルに使われているなんてことも珍しくありません。親のギャンブルの為に子供がお金を貸す必要はありませんから、その場合は断ることも必要です。

例えば医療費などが足りないなどの事実があるのであれば、それは協力してあげても問題ありません。それから、すでに複数の場所から借入をしているかどうかも確認しましょう。自転車操業状態になっている可能性もありますので、その場合は一時的にお金を貸したとしても返金されることはありませんし、以後も続く可能性があります。

返済に追われる日々を送っていることがわかったのであれば、法的な手段を教えてあげるなどアドバイスをしてあげてください。個人的な娯楽に使用することが分かっているのであれば、例え親からの打診であったとしても断る勇気も必要です。

あげるつもりで貸すことが大切

身内からの借金の打診は、お金が返ってくることはほとんどありません。これは身内だからこその甘えなのですが、「いつか返す」という言葉通りで待てど暮らせど返ってくることはないのです。その為、借金の打診をされたら、あげるつもりで貸すことが大切です。

返ってこないことを前提として渡すわけですから、自分の生活を揺るがすほどのお金は貸せません。相手が「10万円貸してほしい」と言ったところで、そのお金を渡して自分の生活が揺らいでしまうのであれば意味がないのです。

親だからこそ、少しは助けてあげたいという気持ちがあるのであれば、余力を残して貸すことが大切です。これは身内に限らず友人や知人でも同様で、人にお金を貸すという行為はあまり好ましいものではありません。お金にルーズな人という印象がある為、返金を望むことはかなり難しいと言えます。

その為、あげることができる額もしくは貸さないことが大切です。

一度貸すとまた借金の申し出をされる

一度お金を貸すという行為をした場合、また困った時には連絡が来ます。次は前よりも大きな額を言われるかもしれません。親としては子供を育ててきたという自覚がある分、困った時に親を助けるのは子供の役目だと思っている人も少なくないのです。

子供からすれば、勝手に自分たちが作ったのにも関わらず、「育ててやった」というのは少々横暴な考え方ですが、実際にこのような発言をされる子供は少なくないのです。しかし、子供が親の作った借金を返済する義務もありませんし、お金を用立てる必要はありません。

そもそもお金が困るような生活をしているのは親であって、子供ではないのです。すでに独立をしている場合であっても、何かあれば連絡がくるという場合もありますし、同居している場合なら生活費をもっと入れろと言われることもあるでしょう。

同居の人の中には、部屋に置いてあったお金を勝手に使われてしまうなんてこともあるようです。例え親だとしても、お金にルーズな人は一度貸したらまた貸してもらおうとします。貸す場合は、その可能性を考えておく必要があるでしょう。

自分の生活を守ることは忘れてはならない

親が困っているからと最初は親切心や親孝行の気持ちでお金を貸していたという子供でも、その頻度が増えれば自分の生活すら圧迫されてしまいます。親も困っているかもしれませんが、子供自身も困る現状になってしまうのです。

中には親がすでにブラックリスト入りしていることもあり、借金ができないから代わりに借入をしてくれないかと頼まれることもあるようですし、ローンなどの名義人になってもらいたいなどと言われることもあります。親の頼みだからと安易な行動をしてしまうと、自分の首を絞める結果になりますので、そのような状況まで追い込まれているのであれば、法的な手段を検討する必要があります。

借金癖というのはなかなか治るものではありません。一度誰かが助けてしまったという経験はその人にとっての成功体験となってしまい、次も何とかなるだろうと安易な発想で行動してしまうのです。大事になる前に対処してあげることが大切です。

→借金を返せないときの対処法

親子の縁を切る覚悟も必要

お金の無心をされ続けるのは精神的にも苦痛を生じます。親だからという気持ちがあるので無碍にもできず苦しんでいる子供も多いのです。しかし、子供がそこまでの責任を担う必要はありません。例え親子だとしても、親がした借金は親の責任で子供が払う義務はないのです。

ただし、連帯保証人などになっている場合は別ですので、安易にサインしないことも大切。何度も何度もお金の無心をされ続けるのであれば、親子の縁を切る覚悟を持つことも必要となるでしょう。

親子の縁を切るというのは実際にできるものではありませんが、引越しをして連絡先を伝えないなどの対処をすれば実質上の縁を切ることは可能です。親が生活保護の申請した時には役所から扶養に入れてもらえないかという打診は来ますが、自分の生活で手一杯であれば受ける必要はないのです。

扶養に入れることができないと役所に伝えたからと言って、無理矢理何かされるということはありませんので安心してください。

自分の生活と親の生活は別のものなのです。自分の人生にとって負担でしかないと判断した場合には、物理的に離れることが大切になってくるでしょう。

借金癖は治らない

同居をしている段階から借金癖のある親の場合は、早い段階で自立してしまうことが大切です。そのまま居続けることで、自分が働いたお金を持っていかれてしまいます。自立する場合であっても、親とは適度な距離を保ち、安易にお金を貸さないようにしましょう。

お金があるなんて話をすること自体もタブーです。人からお金を借りるということが当たり前になっている人は、自分でどうにかしようとする気持ちがありません。誰からも貸してもらえないという状況になったら、闇金にまで手を出すことだってあるのです。

そのような状況になることを危惧して与え続けてしまうと、よりその症状は悪化してしまいますから、どんなに困っている様子であっても放っておくことも必要です。自分に飛び火してこないように、お金の管理や印鑑の管理は徹底しておいてください。

家に置いておくと勝手に使われてしまう可能性があります。親なのにと残念な気持ちになってしまいますが、これはある種の病気です。子供がいくらやめてほしいと伝えても、本人が困るまでは続くと覚悟してください。むやみにお金を貸さないというのも親を思っての行動と言えるのです。